勉強について

勉強って、何でするんでしょう。そう思っている中高生も多いと思います。

というか、そう思いながら大人になった社会人も多いと思います。


たとえば海外ドラマを見ていて、

「字幕が無くても理解できるようになりたい」

と思ったとき、必要な勉強は「英語」ですよね。

英語は私個人的には一番苦手な教科でした。よって今では全然分かりません。

経済の本を読んでいて、

「これってうちの職場に当てはめたらどういうことになるんだろう」

と思ったとき、数学とか社会とかが関係してきます。これも今すぐどうこうなるものではありません。


教養というのは、その道の人だけがあればよいと言うものではなく、

全国民的に幅広く持っていた方が良いものなはずです。

小学校や中学校の段階で、そういう意識付けがあってもいいかもしれませんね。


「音楽をやる」ために必要な英語力や経済の知識、今更後悔しても遅いですが

身につけるための努力をしておけば良かったと悔やまれます・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あべしん

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア

リンク
RSSフィード