スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本吹奏楽コンクール秋田県大会

「大学・一般の部」が昨日本荘文化会館で行われました。

出演順に結果を紹介します。
団体名 課題曲 自由曲
賞 の順で書きます。

大学の部
1.秋田工業専門学校 Ⅱ 吹奏楽のための木挽歌
 銀
2.秋田大学吹奏楽団 Ⅰ 歌劇「トゥーランドット」より
 金(代表)

一般の部
1.横手吹奏楽団 Ⅰ 民衆を導く自由の女神
 銀
2.大館ウィンドアンサンブル Ⅱ あの勇姿をもう一度
 金
3.NG吹奏楽団 Ⅰ 「ラ・マンチャの男」より
 銀
4.仙北吹奏楽団 Ⅰ 吹奏楽のための神話
 銅
5.能代吹奏楽団 Ⅱ 民衆を導く自由の女神
 銀
6.秋田シンフォニックウィンドアンサンブル Ⅱ 小組曲より(バルトーク)
 銅
7.大曲吹奏楽団 Ⅰ 赤い水平線
 金(代表)
8.JWO吹奏楽団 Ⅲ 写楽
 銀
9.秋田吹奏楽団 Ⅴ エクスピエイション~打楽器とウィンドオーケストラのために~
 金(代表)

10.にかほウィンド・アンサンブル Ⅲ 祈りとトッカータ
 銀

です。
青い文字で書きました、秋田吹奏楽団(通称“しゅうすい”)が私の所属団体です。無事、東北大会への切符を手に出来ました。

県内各地から、吹奏楽、そして音楽が大好きな仲間が沢山集まる、滅多にない機会でした。教採が終わってたら、夜の交流会にも出れたのにな…。
スポンサーサイト

学校でBlog?

子どもにブログを与える前に、まずやるべきことが


 と言う、ブログを見まして、私なりに、色々考えました。
 まず、実名を載せると言うことについてですが、個人情報の問題、そして、児童生徒の安全の事を考えると、とんでもないことだと思います。仮に、ブログにプロフィールを載せるとしたら、子供の場合、書くことがあまり無いため、「○○小学校×年□組」とか書いてしまう可能性が高いです。

 可能性があるとすれば、学級日誌の代わりに「クラスblog」のような物を匿名で書かせる位でしょうか。それなら、不正なコメント、TBの削除も担任が少し頑張れば出来ると思います。ただ、それでも学校の外から容易にアクセス出来るのであれば危険に代わりはありませんし、パスワードなどを設けてしまえば、学校間交流が出来なくなり、何の意味もありません。
 高等学校の情報の授業などを通して行うのならまだ分かりますが・・・。参考までに、小学校には、「コンピュータの時間」と言う時間はありません。何かの授業や特別活動のために、「利用している」という感じです。教育課程等を修正して、「情報」と言う教科を設けるのならばblogも可能かも知れませんが、担任教師や学校ごとにおかれている情報主任の力だけでは学校blogなんて出来ないでしょう。何せ、「小学校の段階ではこのような情報リテラシーを習得しなければいけない」と言う規定すら今は内のですから。

 また、ブログの「ブ」の字も知らない教師はかなり沢山いると思います。私も含めて、教員になりたい思っている若い年代の中でも「PCが苦手」という人もいます。事実私もそんなに詳しくありません。そのような状況で子供にblogをやらせるのは全くおかしな話だと思います。

 最後になりましたが、PCの前に長くいるよりは、よっぽど外に出て運動させる方が義務教育の中で行う教育としては適切だと思います。今子供達に必要なコミュニケーション能力というのは、「生身」の人間同士の関わりではないでしょうか。こんな政策を実行して得するのは一部のPC関連メーカーくらいでは?子供が益々元気で無くなってしまいます。
プロフィール

あべしん

  • Author:あべしん
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。